中古マンションのリフォーム

中古マンションを買取って、自分好みの家にリフォームしようと考えている方もいると思います。安値が付いたと思ったら不動産 鑑定を別のところに依頼するといいでしょう。賃貸と違い、そういった楽しみを抱けるのも中古物件の魅力ではないでしょうか。ここでは、中古マンションのリフォームを考えた際に重要となるポイントについて記述したいと思います。

■マンションのリフォーム

不動産の買取を専門で行う業者がいるように、リフォーム会社にも専門とする分野を定めていることがあります。リフォーム工事を行ってくれる業者は数多く存在しますが、木造住宅を得意とする会社もあれば、マンションを専門的に改装している企業も存在します。中古物件のリフォームを考えるのであれば、当然後者を選んだ方が無難です。木造戸建て住宅とマンションとでは構造が全く違いますから、作業のスピードや仕上がりのクオリティも相当変わってきます。ノウハウのある業者を選ぶ必要があります。
見積りは必ず三社以上からとり、価格を比較してみましょう。金額に大きな差が無い場合は良いのですが、明らかに高いところは要注意です。また、工事の詳細を記載していない業者も少しリスキーなので、価格帯を把握すると同時に、不明な点は全て質問してみましょう。工事完了後のアフターケアがどうなっているのか、保証はどうなのかということも説明して貰い、納得のいく説明をしてくれた業者を選ぶと良いでしょう。

■失敗しないリフォーム

中古物件のリフォームで失敗しないコツは、どのような住宅にしたいのかコンセプトを明確に打ち出すことです。行き当たりばったりの工事では後々必ず後悔してしまうので、着工する前にしっかりと完成形をイメージしておきましょう。
どんな住宅にしたいかということをメモやノートにまとめておくと打ち合わせもスムーズに進みます。また、生活しているうえで不具合を感じる部分についても記述しておきましょう。将来的に必要となりそうなバリアフリー工事なども同時進行すればまとめてリフォームすることが可能です。打ち合わせの段階では、不明な点もしっかりと確認しておく必要があります。
失敗しない最大のコツは、信頼できる業者に工事を依頼することです。リフォーム工事は特別な免許が必要ないため、誰でもリフォーム業者を名乗ることができるので、過去に実績があるかどうか、設立してどれくらいの会社なのかということも確認しておくと良いでしょう。過去にいくつもの工事をこなしている会社なら、その時の写真も撮影していることが多いので、実際に見せて貰いましょう。写真や画像が一枚も無い、工事した場所も教えられないというような業者は危険なので回避した方が良いでしょう。

MENU